×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOMECDレヴュー>第4回



CDレヴュー
〜初心者に送るオススメ!?ギター・アルバム〜







■第4回■    「TELL NO TAILES」   TNT




「TELL NO TAILES」  TNT 1.EVERYONE’S A STAR
2.10,000 LOVERS (IN ONE)
3.AS FAR AS THE EYE CAN SEE
4.SAPPHIRE
5.CHILD’S PLAY
6.SMOOTH SYNCOPATION
7.LISTEN TO YOUR HEART
8.DESPERATE NIGHT
9.NORTHERN LIGHTS
10.INCIPITS
11.TELL NO TALES

第4回の今回紹介するのは出ました北欧!(笑)その中でも屈指の透明感あるサウンドを持つノル
ウェー出身のバンド、TNTです。

ギターを始めた頃、また別の友人からたくさんのHR/HMのバンドを教えてもらってました。その中
でもお気に入りがこのバンドです。

数ある北欧のメタルバンドの中でもこのバンド程「透明感」という言葉を引き合いに出されるバンド
はいないんじゃないでしょうか。

母国では一枚リリースしていてそれを含めると三枚目となるものの、事実上のこれが2ndです。

このアルバムの後、バンドサウンドの集大成、最高傑作と呼ばれる作品をリリースする前夜的アル
バムで、この時点で次回作に通ずるスタイルを垣間見れます。

独特のリズム感で繰り出されるギター・リフ、重低音でたたみこんでくるドラム、曲の合間に印象的
に奏でられるキーボード、最強のハイトーンヴォイスでバンドサウンドの象徴となっているヴォーカ
ル、派手さはないもののしっかりとバンドの屋台骨を支えているベース、その全てが完璧に融合し
ています。

楽曲も聞き易くて耳に心地よく馴染んで一度聴いたら忘れません。さてギターのロニー・ル・テクロ、
この人のギターはかなり個性的で、ヤング・ギターでも「ロック界最高のペテン師」と呼ばれるくらい
独特のプレイを聴かせてくれています。

かと言って取っ付き難い訳ではなく、トリッキーな技をキャッチーな楽曲に効果的に織り交ぜてくれ
ています。

ソロもコンパクトなものが多くて逆に心に残ります。そんなソロプレイの中でもロニーの代名詞的な
プレイがミュートした状態でのマシンガンプレイで、これがまた気持ちいいんです!

この人のマシンガンプレイは他の人と違ってこれまた独特で、トリッキーなコロコロしたサウンドが
特徴ですね!これが手強い。(汗)リフはキャッチーで一見(耳?)オーソドックスなようで独特なリ
ズム感のあるリフが聴けてコピーするのが楽しいです!

全体的に歌もの中心ですが何曲か小曲が収められていて、その中でギター的に注目なのが4の
「SAPPHIRE」で、前述したクラシカルなマシンガンプレイが聴けます。オイシイのでコピーする価値
ありですよ!

難易度的にはソロプレイは初心者にはキツイですがリフ、バッキングなら練習次第でなんとかなる
かも知れないので、チャレンジしてみるのもいいかも?

ちなみにこのバンド、初期の頃はアルバムタイトルに「T」「N」「T」の文字が効果的に使われてるの
は有名ですね!




参考音源

EVERYONE'S A STAR        ヘヴィーなリフとハイトーンVoがキモ
10,000 LOVERS (IN ONE)  キャッチーな彼らの代表曲
TELL NO TALES           アルバム中最もHMらしい曲


                                                 第3回へ CDレヴューTOPへ 第5回へ




                                                                      HOME