×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOMECDレヴュー>第1回



CDレヴュー
〜初心者に送るオススメ!?ギター・アルバム〜







■第1回■    「LAST GIGS」    BOφWY




「LAST GIGS」  BOφWY 1.B・BLUE
2.DRAMATIC?DRASTIC!
3.MARIONETTE
4.わがままジュリエット
5.LONGER THAN FOREVER
6.CLOUDY HEART
7.WORKING MAN
8.IMAGE DOWN
9.BEAT SWEET
10.NO.NEW YORK
11.ONLY YOU
12.Dreamin’

このコーナーを始めるにあたり、まずどのアルバムを取り上げるのがいいか考えたんですが、ここ
はやはり自分がギターを始めるきっかけになったアルバムにするのが一番ではないかと思い、 こ
のアルバムをとりあげました。

実は私はギターを始めるのにギターを弾く友人の影響 もあったのですがその友人の聴くのがHR/
HMが中心で、それまでその類の音楽は大嫌いで全くと言っていいほど聴いた事がなかったので、
何を聴けばいいのか、何をコピーすればいいのか分かりませんでした。

そんな中、時期を前後して出会ったのがこのアルバムでした。

その当時、ギター、ベース、ドラム、ヴォーカルのシンプルな編成でギターソロを楽曲に盛り込んだ
バンドって言うのは長い間聴いた記憶がなかったので、すごく新鮮だったのを覚えています。

このバンド、具体的な事は分かりませんが、その名の通りデヴィッド・ボウイをはじめとしたグラムロ
ックの影響を受けているようです。

ですが初期の曲では非常に攻撃的でパンキッシュな印象を受ける反面、歌謡曲のような雰囲気を
持ったメロディーも聴かれます。

このアルバムは88年に東京ドームで行われたラストライブを収録したもので、正に最後を飾るにふ
さわしいエネルギーと興奮に満ちた様子が伝わってきます。

そんな中からの収録曲もベストな選曲でサウンドも迫力ある生々しいサウンドに仕上がっています。

さて、ギターですがギタリストの布袋寅泰、この人のプレイは技術自体はテクニック的には難易度
は低く、基本テクニックのみです。

しかし繰り出されるフレーズは曲にマッチした起承転結があるメロディアスな歌心溢れるものです。
逆にテクがないからこそセンスの良さが感じられます。

奏法的には特種な事はやってないものの、HR/HM系のプレイに慣れている人にとっては逆に新
鮮なプレイが多いと思うので難しいと感じるかも!?

とはいえ難易度はそんなに高くないので初心者の人は一度聴いてチャレンジしてみてはいかがで
しょうか?




参考音源

B-BLUE             ライブのオープニングはこの曲しかないでしょう
DRAMATIC?DRASTIC!    よく踊りながらギター弾けるな〜(笑)
わがままジュリエット      これも定番の代表曲、メロウなソロはおいしいです


                                                       CDレヴューTOPへ 第2回へ




                                                                      HOME