×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


HOMECDレヴュー>第16回



CDレヴュー
〜初心者に送るオススメ!?ギター・アルバム〜








■第16回■    「DISILLUSION」    LOUDNESS





「DISILLUSION」  LOUDNESS 1.ANTHEM (Loudness Overture)
2.CRAZY DOCTOR
3.ESPER
4.BUTTERFLY
5.REVELATION
6.EXPLODER
7.DREAM FANTASY
8.MILKY WAY
9.SATISFACTION GUARANTEED
10.ARES’ LAMENT

ジャパニーズ・メタルのパイオニアとして、はたまた牽引者として君臨する日本が世界に誇るバンド、
ラウドネスの4thアルバムです。

邦題「撃剣霊化」と題された84年発表のこのアルバムは海外で勝負するというバンドの基本的な目
標を実現するきっかけを作った1枚といえるでしょう。

これまでにもヨーロッパを手始めに地道に活動していた彼らはこの後本格的な海外進出が始まる訳
です。

内容は正統派HMといえる仕上がりで、未だに代表曲として人気の高い1や疾走ナンバー2、7、ラス
トを飾るバラード10等その後のライブでの定番曲も多数収録されていて彼らを知るには外せない1
枚です。

Gのタッカンこと高崎晃のプレイはリッチー・ブラックモアからの影響をベースにエドワード・ヴァン・ヘ
イレンやゲイリー・ムーアからの影響もあるようで、彼ら譲りのタッピングやマシンガン・プレイ等、随
所でスーパーぶりを発揮していて、その高崎に影響を受けたと言う海外プレイヤーもたくさんいると
聞きます。

中でも彼のプレイを体感するのにお勧めなのが6の「Exploder」です。高崎晃の名詞代わりのこの
ギターピースは彼がテクニックの全てをつぎ込んだともいえる渾身のプレイが聴けます。

アルバムを通してもいえる事ですが特にこの曲でのギターサウンドは素晴らしく、只々驚きです。こ
んなサウンドが出せたらいいな〜。(笑)この曲を聴くだけでもアルバムを買った甲斐がある思います
よ!

若いキッズには日本のHMの黎明期の雰囲気を感じるにもオススメです!

ちなみに英語盤には1曲目に「Anthem」というLOUDNESSのテーマソングとも言うべきインストナ
ンバーが収録されています。






参考音源  
曲名をクリックして下さい。

Crazy Docter       彼らの代表曲
Esper            ライブのラストはこれ!
Dream Fantasy     管理人も大好きなスピード・チューン


                                                 第15回へ CDレヴューTOPへ 第17回へ




                                                                      HOME